お口の生態系コラム
Column
  1. トップページ
  2. お口の生態系調査報告記事
  3. 「ボイスCLIP」取材レポート
  4. 2021年最新版!ドイツ推奨のマウスウォッシュを徹底比較

2021年最新版!ドイツ推奨のマウスウォッシュを徹底比較

ドイツ現地記者 M.K. 

“医学の国”、ドイツで推奨されているマウスウォッシュを徹底比較‼

かつて医師や研究者の聖地であったドイツ。今もなお、医学の国と注目度の高いドイツでの口内衛生事情は気になるところです。

口腔ケアは、毎日の積み重ねがものを言います。今回はドイツの比較サイトVergleich.orgより、ドイツで推奨されているマウスウォッシュを徹底比較してみました。

サイト内では、日本で購入可能なマウスウォッシュもたくさん紹介されていますので、是非、購入の際は参考にしてみてください。

そもそも“マウスウォッシュ”とは?
口臭や虫歯の予防に用いられているお口ケアツール

日本でもお口ケアとして使われているマウスウォッシュ。歯磨きの後に適量を口に含んで、数十秒ほどでゆすいで使うといった使用方法のタイプが多いです。

近年はホワイトニングの効果があるものも販売されており、お口ケアの+αのツールとして使われています。

1位はドイツで根強い人気を誇るエルメックス

マウスウォッシュ(エルメックス)の画像

以下がVergleich.org内でのマウスウォッシュの比較ランキングになります。

1位 elmexエルメックス センシティブ
2位 GUMガム オリジナルホワイト
3位 Meridolメリドール マウスウォッシュ
4位 Zendiumゼンディウム コンプリート プロテクション
5位 Lis­te­ri­neリステリン 抗菌
6位 Lis­te­ri­neリステリン トータルケア
7位 Chlorhexamedクロアヘクサメッド フォルテ アルコールフリー0.2%溶液

(2021年3月現在)

上記の通り、推奨マウスウォッシュ第1位は「elmexエルメックス センシティブ」という結果でした。

ではなぜエルメックスが強く推奨されるのでしょうか?

最高の製品はその「原因」に対抗

サイト内の推奨事項によると「フッ化物を含む製品の選択を推奨、これにより、損傷した歯のエナメル質が強化および修復され、虫歯の予防に決定的な役割を果たす」とありました。

elmexエルメックス センシティブの商品説明欄によると「フッ化物を含み、歯の痛みや刺激への感度を低下させ、虫歯や歯の過敏症から露出した部分を効果的に保護する二重保護層を作ります。歯ブラシが届かない場所もクリーンにします」とのこと。

つまり、口腔内の除菌や殺菌よりも、虫歯や歯周病の予防に強く力を入れている商品であることが分かります。

マウスウォッシュはもちろん虫歯や歯周病の予防にもアプローチしますが、どちらかというと口腔内を清潔することで口臭を防ぐという期待をされがちです。

口腔内のバクテリアなど菌に対して積極的にアプローチをすることを意識することで、その場しのぎのケアではなく、お口の環境そのものの改善につながっていきます。

求めるは根本的解決!ドイツ人ならではのランキング?

医者の手元の画像

ドイツ人なら誰でも、Hausarztと呼ばれるかかりつけの主治医がいます。体調不良など何らかの問題があった際、ドイツ人は大抵主治医のもとで診察を受け、それでも改善しなかった場合にはそれぞれ内科、外科をはじめ耳鼻咽喉科など専門医にかかることがほとんどです。

まずは主治医から症状にアプローチする薬などが出ますが、一度の処方箋で改善されない場合、何度も同じ薬を出すことはほとんどしません。医師にもよりますが最初からあまり薬を出したがらない医師も多いのも事実です。

これはその場しのぎを避け根本から治すという考えが根強く続いているためであると考えられます。

症状が改善に向かわなかった場合、次のステップとして、新薬ではなくカウンセリングなど身体の内側からの改善療法を強く薦められることも珍しくありません。

抗菌に直接アプローチするLis­te­ri­neリステリンが5位にとどまった理由

「Lis­te­ri­neリステリン 抗菌」の商品説明には「エッセンシャルオイルとフッ化物を使用。口腔衛生を改善し、歯と歯茎を健康に保つ」と記載されており、フッ化物を含みかつ虫歯や歯周病にアプローチしている商品であることが分かりますが、同時に「効果的に有害なバクテリアと戦う」「抗菌効果は臨床的に証明」とも記載されています。

つまり予防目的で使われていないため、上位商品に比べて推奨されていないということです。とにかく口腔内の殺菌除菌に重点が置かれている商品であることが分かります。

お口ケアは根本から。
ドイツ人のお口ケア事情の分かるランキング結果でした。

口臭が気になった時は、まずは抗菌殺菌作用のあるマウスウォッシュでのケアを行いながらも、それでも満足できなければバクテリアの原因となる虫歯や歯周病への根本的解決を求める。そんなドイツの人たちのお口ケアへの意識の仕方が分かるが見えるランキングとも言えました。

違う目線での口臭アプローチにも目を向けよう

マウスウォッシュをする男性

もしかして自分の口が臭う…?そう思った時、どうしてもバクテリアの殺菌が必要、と考えがちです。しかし口腔内を守る菌もお口の中には存在しており、むやみな口腔内除菌殺菌はその良い菌まで殺してお口の菌バランスを乱してしまいます

また、良い菌、すなわち善玉菌を増やし、お口の中を良い菌のたくさん存在する環境にすることも口臭、虫歯、歯周病などの予防につながります。唾液には殺菌作用もあり、健康な口腔内であれば早々バクテリアつまり悪玉菌は増えないように出来ています。マウスウォッシュでの除菌殺菌よりも悪玉発生の原因になる虫歯や歯周病への対策を見直してみてはいかがでしょうか?

<参考サイト>

ドイツの比較サイトVergleich.org

お口の生態系放送局の記事では菌と健康について、できるだけ多角的にご紹介できるよう努めています。
下記よりメールアドレスをご登録いただければ、有益な情報のみお知らせいたします。


 

この記事をご覧の方は以下の記事も読まれています。